○○の日

【クリぼっち必見】一人だからこそ楽しいクリスマスの過ごし方3選★

Pocket
LINEで送る

さぁさぁお一人様のみなさん!今年もやってきましたこの季節、そう“クリスマス”です。街はキレイに彩られ、熱々なカップルでいっぱいに…。

別に否定はしません!が、そんな人たちを見てしまうとつい悲観的になりがちですよね。でも、知ってましたか?2018年の調査によると、20代の7割の人がいつも通りに過ごすという結果が出ているそうなんです!今や若者の6割が恋人がいないというアンケートも最近どこかで見かけました。

つまり!一人はさみしくない!みんな一人なんだ!誇りを持って堂々と今日という一日を過ごせばいいんです!別に誰かといるから偉い、幸せってワケじゃありません、むしろ一人の方が自分だけの時間を大切にできます。これって大事なことです。

…ということで、前置きが長くなりましたが、今回は、お一人様初心者の方からマンネリ化(?)しているというベテランさんまで、“ひとりだからこそ楽しいクリスマス満喫プラン”をご紹介します!

スポンサードリンク



◆LEVEL1 ~おうちde生配信鑑賞~

まず取り組みやすいのがコレ!自分の家でyoutuberやニコ主の生配信動画を見る、というものです。数年前までは一部のヲタクがやるものみたいな傾向がありましたが、今やyoutubeやニコニコ動画といった、誰でも気軽に参加しやすいサービスが普及してきました。

家で手軽に見れるので、PCの前に座っているだけでOK。ですが、せっかくなので近くのコンビニでケーキやチキン、お菓子などを買ってきて待機するとより気分が上がるがもしれません。もう少しフンパツできるよ、という方はマックデリバリーとか、ピザの出前を取るなどしてもいいですね!だんだん気分が乗ってきたら、動画内でコメントをしちゃいましょう。誰かが自分のコメントに反応してくれた時の喜びがたまりません♪つかの間のグダグダを今日くらいは、楽しんじゃいましょう!

スポンサードリンク



◆LEVEL2 ~一人カラオケ~

外出するという点で少しレベルは上がりますが、一人だからこそ楽しめるカラオケがあります。そう、ヒトカラというやつです!これまで一人でカラオケに行ったことがないという方にとっては、受付で「何名様ですか?」と聞かれたときに「一名です」と答えるのは、かなりハードルが高い事のようにも思えるでしょう。ですが、たった6文字、いちめいです、が言えれば、あとは何の問題もありません。部屋に入ってしまえばこっちの勝ちです。

飲食の持ち込みが可能な店舗がオススメですが、学生ならフリータイムで安くなるところもあるので、近所のカラオケを調べてから行くと賢いですね。注意点としては、気持ちがセンチになってしまうクリスマスのしっとりソングは避けること。歌った後は一人なので余韻が残ってしまいます。できるだけ明るい歌で攻めましょう。どうしてもクリスマスの歌が歌いたいという方は、ヒャダインの「クリスマス?なにそれ?美味しいの?」あたりがオススメです。


あとは、JOYSOUNDなんかだと「うたスキ動画」といって、自分の歌った動画をアップできるサービスもあるので、それを見るのもしいかも。みなさん熱心に歌っていて、ひとりじゃない感が味わえます。

◆LEVEL3 ~イベント参戦~

いやいや、今までのはもう散々やってきたよ、ネタ切れだよ…というそこのアナタ。そんなアナタにはワンランク上の過ごし方をご紹介。

“クリスマスイベントに参加する”ってやったことありますか?「それが嫌だからこの記事読んでるんだけど!」という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です、分かっています、クリスマスイベントといっても、クリぼっちの為のイベントがたくさんあることを、ご存じでしたか?今回はちょこっとだけご紹介します。

・クリぼっちは六本木に集まれ!おひとりさまで参加できるイベント

AKB48プロデュースでおなじみ、秋本康の手がけるバラエティ番組「EXD44」の企画です。タイトル通り、六本木に集まって街を練り歩こうというもの。20歳以上の男女で、12月24日のクリスマスに一緒に過ごす人のいない人が対象となっている模様。ちなみにこの様子は後日放送予定とのこと。一人で六本木というのも中々こういうイベントがなければいけませんよね。そして、テレビに映るかもしれないという部分が、ハードルをあげます。でも、挑戦しがいがありそうですよね、集まっている仲間は同士なので、楽しくなりそうなイメージがあります。気になる方はぜひ見てみてください。
公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/exd44/boshu/20181216/

・伝説のクリスマス限定丼

「伝説のすた丼」というお店が期間限定で販売している、“極盛がっツリーすた丼2018”という丼があります。通常よりもお肉が2.5倍の量、唐揚げ7個、総重量は1キロ越え。さて、まずこれを一人で頼めるかというところが試練です。そして、食べきれるかというところも第二の関門。これがクリアできれば晴れてクリぼっちマスターの称号が与えられてもよいと言っても過言ではありません。ちなみに今年のキャッチコピーは「平成最後もクリぼっち上等!」だそうです。アナタは、頼めますか?(笑)
公式サイト:https://sutadonya.com/

◆最後に

いかかでしたでしょうか?ひとりだって楽しい、一人だからこそ楽しめるクリスマスだってたくさんあります。ネットで調べるとクリぼっち救済の会とか、色々出てきますが、くれぐれもトラブルには巻き込まれないように気をつけて過ごしたいですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク