スポーツ

【BIG4】マレー引退の原因は○○にあった!ケガの噂は?今後は?

Pocket
LINEで送る

とっても残念な速報が入ってきました…。英テニス選手のアンディ・マレー(マリーとも表記される)が、今季をもって現役を“引退”することを発表しました。

マレー選手はBIG4と呼ばれる、世界でも素晴らしい功績を残している男子プロ選手に選ばれていました。神4ですね。他にはラファエル・ナダル、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ選手らが称えられている称号です。4人の中ではジョコビッチ選手と同じく32歳という、比較的若い年齢ではありますが、引退を表明しました。一体何があったのでしょうか?

スポンサードリンク




◆引退の原因は?

マレー選手が引退を決めた原因は“臀部のケガ”のようです。このことについては、前々から噂されていたことでした。たくさん試合に出て輝かしい成績を残す一方で、やはり体への負担は計り知れないものがあったのではないでしょうか。2017年あたりからケガに悩むようになり、試合には出るものの順位がなかなか振るわず、2018年は全豪オープンを欠場したりと、かなり悪化していったように思えます。手術はしていたみたいなのですが、本日1月11日に今季での引退を正式に発表する流れとなりました。臀部っておしり部分にはなるのですが、英語ではhip surgeryとしか言われていなかったので、もしかして痔なのでは?という声もあったそうですが、実際には臀部を故障していました…。でもこのケガ、マレー選手特有ではなさそうなんです!

スポンサードリンク




◆テニス選手に多いケガ

テニスといえば腕の力というイメージが強いので、テニス肘が一番多いのではないかと想像してしまいますが実際はそうではなく、脇腹・ふくらはぎの肉離れが非常に多いんだとか。走りながら球を打ち返すので、腰をひねる動作がとても負担になるそうなんです。そして臀部のケガについてですが、割と多いみたいで、我々日本人が誇るテニスプレイヤーの錦織圭選手も臀部を負傷しています。しかしこの臀部、体を支える重要な部分でもあるので、たとえテニスをしていなくても、立ったり、座ったりする時にも必要不可欠です。つまり、絶対安静が“不可能”なケガとも言われているんですね。マレー選手は選手を辞めてからもこのケガと闘っていかなくてはいけないということです。じゃあ、これからのテニス界はどうなっちゃうの?と思いませんか?

◆BIG4はどうなるの?

記者会見でも、マレー選手はかなり悔しそうな表情で話しました。そして時折涙を浮かべるシーンや、部屋を出て休憩をするシーンなどもありました。それほど引退が辛いという気持ちが伝わってくるような会見でした。マレー選手は「僕は偉大ではなかった」「臀部の痛みを克服することができなかった」と思いの丈を述べていたところからも、BIG4に対するプレッシャーやケガの辛さをずっと抱えながらもテニスを続けてきた内心があったのだなと思いました。

これからのBIG4がどうなっていくのか、新しい選手が入ってくるのか、まだまだ正式な事は分かりませんが、マレー選手あっての『BIG4』は伝説メンバーとして、後世に伝えられていくことでしょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

スポンサードリンク