スポーツ

大野将平が強いのは筋肉だけじゃない!強すぎる一本勝ちの秘訣とは?

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

2019年8月27日(火)に日本で行われた世界選手権の決勝戦にて、見事“大野将平”(おおの しょうへい)選手がアゼルバイジャンのルスタム・オルジョフ選手に勝利し、“金メダル”を獲得しました!

大野将平選手の活躍に、ツイッターでは多くの賞賛の声があがっています!

今回の試合はどんな内容だったのか?そして大野将平選手が強い理由はなんなのか?見ていきましょう!

スポンサーリンク

大野将平選手が勝利した試合の内容

大野将平選手が今回勝利をした試合はどのような内容だったのでしょうか?内容を見ていきましょう。

完全な試合の映像は見当たらなかったのですが、大野将平選手が技を決めた瞬間の動画です。大野将平選手の出場した階級は男子73kg級。青色の柔道着を着ている方が大野将平選手ですね。得意の“内股”が見事決まっている瞬間です!試合では“オール一本勝ち”をしたことで、「かっこよすぎる!」「宇宙一」「芸術的」といったコメントも飛び交っています。

この試合で勝利を収めた大野将平選手は、今回で3度目の金メダルを獲得したことになります。本当に強い選手ですが、強さの理由が気になりますよね!どうやら強さのポイントはいくつかあったようなんです…!

スポンサーリンク

大野将平の強さの秘訣とは?

強さの秘訣①鍛え上げた筋肉

大野将平選手の強さの秘訣のひとつに、“筋肉”があります。アスリートとして活躍している選手なので、身体を鍛えるのはある意味仕事みたいなワケですが、大野将平選手の筋肉の凄さはこれまで数々のメディアでも紹介されてきているほどです。

柔道という競技は、基本的に相手とぶつかり合う種目なので、筋肉を鍛えて衝撃に強くなる必要があります。その上で一番重要といわれているのが下半身の筋肉なのですが、大野将平選手は下半身の筋肉はモチロン、上半身の筋肉もバッキバキです!男なら一度は夢見るシックスパックも手に入れていますし、胸板も厚め。三角筋も美しく、まさに鎧を着た状態です。実際、大野将平選手の体脂肪率は5%以下!一般の成人男性の平均が10~15%といいますから、かなり絞り込んでいることがわかります。

しかし、筋肉が備わっているのは他の選手も同じ。大野将平選手には、世界大会を制したもうの一つ秘訣があったのです…!

強さの秘訣②トレーニング方法

筋肉に続く大野将平選手の強みといえるのが、独自のトレーニング方法です。大野将平選手は柔道に出会った幼い頃から現在に至るまで、ずっと柔道の稽古を続けています。トレーニング方法については過去にメディアに紹介されたこともあるようですね。

大野将平選手がダンベルを使ってトレーニングをしている様子が映されています。ダンベルを持つだけでも大変なのに、やはりトレーニングを日頃から行っている人は動きが違いますね!

また、こんなツイッター上ではこんな情報も。

普通に懸垂をするだけでも疲れますが、これはさらに負荷をかけて懸垂を行っているということでしょうか?だとしたらすごいですよね…。トレーニングを極める者が、世界を制するんでしょうか?

これらの日々の練習の積み重ねもあり、今回の世界選手権では見事金メダルを獲得できた大野将平選手ですが、今後はオリンピックに出場することはあるのでしょうか?

大野将平選手がオリンピックに出る可能性は?

今大会での活躍を受けて、応援している人の中には「オリンピックも出て欲しい」というコメントをしている人もいました。ここでいう“オリンピック”とは2020年に東京で行われるオリンピックの事ですが、大野将平選手が出場をする可能性は極めて高いです。

なぜなら、大野将平選手の年齢はまだ27歳なので、まだまだ現役選手として活躍できる年齢であるということ、そして大野将平選手は過去にリオデジャネイロオリンピックにも出場していた経験もあり、その時も金メダルを獲得しているので、恐らく“2連覇”を狙っている可能性があるからです。

今回の試合で引退ということは絶対にないと思いますし、身体の調子もいい波に乗っている気がするので、ここで辞めてしまっては非常にもったいないです。

大野将平選手には、ぜひ2020年のオリンピックで活躍してもらいたいですね!

スポンサーリンク