生活

【いつまで】今年の特徴は?洗濯物はコレで早く乾く!臭いや湿気対策も!【2019梅雨】

みなさん、本日『梅雨入り』のニュースが入り、とうとう今年の梅雨がやってきましたね~。

“梅雨”と聞くとジメジメして蒸し暑くて、髪の毛もうねりやすく、なんかダルい…と体の不調も起きやすい時期です。なるべく早く去って欲しい!と思う方も多いと思います。しかし今年の梅雨はちょっと“異常”みたいなんです…!今年の特徴をみていきましょう!

◆今年の梅雨の特徴

梅雨は毎年起こる自然現象のうちの一つですが、なんと今年の梅雨、“長引く”傾向にあるみたいなんです。例年より1週間~3週間ほど長くなる様子で、場所によっては8月頃まで梅雨が明けない!という地域もあるみたいです…5月のゴールデンウィークからすでに真夏日を記録するなど、異常現象がジワジワと押し寄せてきていますが、梅雨にも異常が発生してきていますね…。

しかし、私たちは梅雨だろうと生活をしていかなければいけません。この時期、何が一番ネックになるのかと言えば、『お洗濯』ではないですか?ジメジメする時期、洗濯物も多くなりますよね。しかも、洗濯をしてもなかなか外に干せるタイミングもないし、かといって部屋干しは乾きにくいし、ずっと乾かしていると特有の臭いがしてきます。でも実は、ちょっとした“ある工夫”で簡単に乗り切ることができるってご存じでしたか?これからご紹介する方法を実践すれば、これまでの悩みが解決できちゃうかもしれません!では、早速ご紹介していきます!

◆○○を入れるだけ!簡単臭い対策法

「洗濯物の臭いをなんとかしたい!」という方には、洗濯機のスイッチを押す前に一工夫してみましょう。何を入れるのかというと“ミョウバン”を投入してしまうんです!ミョウバンには抗菌作用があるので、部屋干しでなかなか乾かない時間が長くても、しっかり臭いの元となる菌を抗菌してくれるんだそうです!ミョウバンをそのまま入れるのではなくて、これからご紹介するレシピで、「魔法の液体」を作ってみてください。

~脱臭!ミョウバンレシピ~

<用意するもの>

・焼きミョウバン 15g

・水 500ml

<作り方>

①水に焼きミョウバンを入れ、混ぜる。

②一日置く。

手順はたったこれだけ!焼きミョウバンはAmazonとかでも売っているので簡単に手に入れることができます。一日置く必要はありますが、コレを作っておけばもう臭いに悩まされる必要はありません!使い方は、洗濯をする際に、洗濯一回につき50~100mlの魔法の液体を入れるだけ!あと、なるべく早く乾かしたいという方は脱水時間を長めに設定するとよいです。

洗濯ができたら、いよいよ次は“干し方”ですよね!梅雨の時期にオススメの干し方もご紹介しちゃいます!




◆“○○干し”がカギ!電気代も安くなる?!

乾きにくい梅雨の時期、なるべく早く乾かしたいですよね。実は、干し方を少し変えるだけで格段に乾燥時間が短縮できちゃうんです!その名も、“アーチ干し”です!洗濯物を干す際に“外側に長いもの”、“内側に短いもの”を干します。そうすると、アーチのような空間が下にできます。こうすると、他の干し方よりも格段に乾くスピードがアップするみたいなんです!長いバスタオルなどは、“じゃばら干し”がオススメ。

また、干した洗濯物の下に古新聞を丸めて置いておくだけで、湿気も吸い取ってくれます。除湿器に頼らずとも、湿気対策も出来ちゃうんですね!しかも、電気代もお得になりますよ!

今年の梅雨は長引く予定みたいなので、裏技を使って気持ちよく過ごしちゃいましょう!