エンタメ

斎藤由則の慶應の学部はどこ?中卒から受かるまでの経歴まとめ!

2022年4月18日に放送のTBSの番組「アピールちゃん」にて登場の、斎藤由則(さいとう よしのり)さん。

斎藤由則さんは、中卒という経歴ながら、見事に難関私立大学と言われている慶應義塾大学に合格し、46歳の現役慶應生という異例の肩書きを持っています。

しかも中学を卒業してからは、一度ヤクザの元幹部にまで登りつめた経験まで持っているというので驚きです。

波乱万丈な斎藤由則さんですが、実際には慶應義塾の何学部に受かったのか気になります。

斎藤由則さんの経歴について調べてみました。

斎藤由則のプロフィール

  • 名前:斎藤由則(さいとう よしのり)
  • あだ名:とっぴ
  • 出身地:神奈川県小田原市
  • 生年月日:1975年8月3日
  • 学歴:中卒→ヤクザ幹部→慶應義塾大学

斎藤由則さんは幼い頃から、借金取りがよく押しかける家庭で育ちました。

父親と自分の血が繋がっていない事を知った衝撃から人間不信へと陥り、幼少期からすでに非行の道に走ることとなりました。

幼少期から突発的な行動ばかりをしていたため「とっぴ」というあだ名をつけられました。

わずか小学6年生で飲酒と喫煙デビューをし、中学ではカツアゲや万引きを繰り返し保護観察処分となりました。

中学卒業後は暴走族に入り、さらに非行の道を極めることとなります。

少年鑑別所に入った経験もあり、20歳の頃には暴力団の構成員となりました。

しかし、想像していた内容と違ったため、1年もしないうちに逃げ出して、宝石販売を始めました。

商売はうまくいき、クラブ通いの末、欲が出て犯罪を犯してしまいます。

4年の服役後、やくざの一員として戻ってくるも再度3年の実刑判決を受けます。

斎藤由則さんはまたやくざとして戻ってきた後に、組の幹部となりました。

しかし、暴力団への取り締まりが厳しくなったので、指を詰めて辞めました。

それからは新聞配達員・タクシー運転手・中華料理店の見習いなどを経験していきます。

そこからは宝石販売に続き、観葉植物のビジネスで成功し、都内の高級マンション住みのフェラーリ乗り回し生活を送るようになりました。

しかし心身共に体調が優れないことが続き、知人の勧めで富士山に登り、ご来光を見ていた時に“やり残したことがある”と思ったそうです。

そこで、自分は「勉強をしてこなかった」と気づいたんだそうです。

斎藤由則さんが頼ったのは、広島県福山市にある「フジゼミ」という塾でした。

ここで慶応義塾大学を目指すこととなりますが、すでに42歳です。

(最初はアルファベットの小文字の「q」すら書けなかったレベルだったようです)

1日15時間の猛勉強を2年間続けた末、2020年2月に受けた慶応大学の4つの学部のうちの1つに合格します。

 

今は慶應義塾の現役生として日々勉学に励んでいますが、将来は司法試験を受けて、弁護士になるのが夢とのことです。

まさに波乱万丈な人生を送っているのが分かります。

斎藤由則の慶應の学部はどこ?

見事慶應義塾大学に合格した斎藤由則さんですが、気になるのは学部です。

斎藤由則さんの合格した学部について具体的に報じられている情報は今のところありません。

しかし斎藤由則さんは、

  • 現在は弁護士を目指して司法試験に臨む予定

という発言をしているので、法学部に進まれている可能性はありそうですね。

スポンサーリンク

斎藤由則の著書

斎藤由則さんは慶應義塾に受かるまでの奮闘記を本として出版しています。

タイトルは「中卒ヤクザの大学受験」という本ですが、こちらの著書はAmazonベストセラーで1位を獲得している話題本です。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

読み応えばバツグンです!