生活

2022-2023|銀行の年末年始休みまとめ!【三井住友銀行】

2022年も残りわずかとなりました!

年末年始はお店や企業も独特な動きをするところが多いので、スケジュールをしっかりと頭に入れておきたいところです。

特にお金関係で重要な銀行の営業日スケジュールについては、手数料がかかってしまったり振込日がだいぶ先になってしまったりと損ばかりなので、あらかじめ知っておくことが大切です。

この記事では、2022年の年末から2023年の年始にかけての三井住友銀行の営業日スケジュールについてまとめています。

シンプルに三井住友銀行の情報しか載せていませんので、お急ぎの方にも便利な仕様にしてみました!

三井住友銀行の年末年始休み一覧【2022-2023】

三井住友銀行の2022年から2023年の営業日スケジュールはこちらです。

三井住友銀行の年末年始営業日スケジュール

【2022年】

  • 12月30日(金)通常営業
  • 12月31日(土) 祝日扱い

【2023年】

  • 1月1日(日) 祝日扱い
  • 1月2日(月) 祝日扱い
  • 1月3日(火) 祝日扱い
  • 1月4日(水)通常営業

ちなみに窓口の営業時間は、通常9:00~15:00までが一般的です。

窓口がお休みの間も、三井住友銀行のATMは0:00~24:00で営業しているので、銀行がお休みでも利用が可能です!

三井住友銀行のATM手数料一覧

三井住友銀行でのATMのキャッシュカード利用手数料はこの値段がかかります。

時間帯手数料
7:00〜8:45110円
月~金8:45〜18:00無料
月~金18:00〜24:00110円
火~金0:00〜8:45110円
土・祝0:00〜24:00110円
0:00〜21:00110円

ほとんどの時間で110円かかってしまうので、平日の8:45〜18:00の時間帯を狙いたいところです。

お昼休みを狙うか、スキマ時間でなんとか手数料無料で取引するのが節約ポイントです!

三井住友銀行の年末年始休みを攻略するポイント

三井住友銀行に限らずですが、年末年始とその前後の銀行は、窓口もATMもいつも以上に込みます。

年末年始のスケジュールをおさえておくことも大切なのですが、できれば混雑を避けたいですよね。

年末年始の前後も混み合うことを考え、早め早めの銀行利用を考えましょう。

通常でも毎月5・10などの数字が付く五十日(ごとうび)は混み合います。

12月の年末頃の五十日は、25日あたり…クリスマスですね…(さらに激込みです!)

余裕を持つのであれば、25日以前に利用したいですが、お給料の振込日の関係で難しい方がほとんどだと思いますので、12月は25日を過ぎたらもうどの日にちでも混むものだと覚悟して利用する意志を持ちましょう。笑

現金化できるものはこまめに普段からしておき、キャッシュレスで済ませたいところです!