エンタメ

【日曜日の初耳学】Adoの素顔が色々判明!林修の全歌詞が公開

テレビ番組「日曜日の初耳学」で、林修さんがAdoさんにインタビューするコーナーがありました。

そこではAdoさんの知られざる過去から今に至るまでが公開されていました!

歌を始めたきっかけや、大ヒットソング「うっせぇわ」にまつわるエピソードまで細かく語っていました。

大注目の現役高校生シンガー、Adoさんのインタビュー内容をまとめました。

(※林修さんが作詞した歌詞も記事後半に載せてあります。)

Adoの素顔

番組では椅子に座る林修さんと、大きなモニターに映し出された「うっせぇわ」のMVに出てくる少女の絵が映っていました。

林修さんはAdoさん自身についてと、大ヒットした「うっせぇわ」について深く聞きこんでいました。

Adoさんの素顔についてひとつひとつ見ていきましょう。

名前の由来

「Ado」の名前の由来は、狂言から来ています。

狂言には“シテ”と“アド”があり、シテが主役でアドが相手・脇役という意味があります。

Adoさんはこのアドから名前をとりました。

名前を考えたのは小学生の頃で、響きでつけたそうですが、「誰かの人生の脇役になれたら」という意味も含まれているそうです。

Adoの生い立ち

Adoさんの家庭は自由な家庭でした。

音楽の影響は父から受け継いでいて、父がKISSが好きでよく聴いていたので、ロックから来ているみたいですね。

Adoさんは自分を「プリンセスみたいに育ててくれた」と言っていました。

ディズニー作品が好きで、お気に入りの作品も多いそうですが、親は自分の意見を尊重してプリンセスのように育ててくれたそうです。

歌の活動を始めたきっかけ

Adoさんが歌に本格的に興味を持ったのは小学1年生の頃。

いとこがボーカロイドを知っていて、それがきっかけで自分もボーカロイドの存在を知ったそうです。

そしてボーカロイド曲を“歌ってみた”として動画をあげて活動している歌い手については小5、6の頃に知ったそうです。

ニコニコ動画でよく動画を見ていて、歌だけでこんなにも表現できる世界に魅了されたことがきっかけで、Adoさんは歌を歌い始めます。

元々Adoさんは自分自身に自信がなく、教室の隅で絵を描いている根暗なタイプだったと言っていました。

しかし、歌い手の存在を知り、これなら自分も主役になれる!と思って家の狭いクローゼットに防音シートを張り、自作のスタジオを作成し、そこで歌を歌うことにしました。

ちなみにAdoさんが歌の活動をしていることは近くの友人にだけ言ってあり、他の人には一切伝えていないので学校ではバレていないそうです。

Adoさんの友人は、口が堅くていい人達なんだということがわかりますね。

再生回数が伸び悩んでいた時期も歌い続けた理由

歌の活動を続けるAdoさんですが、やはり最初は思うようにはいかなかったそうです。

動画の再生回数が伸び悩んでいた時もあったと言っていました。

しかし、Adoさんは学校の先生に「コミュニケーション能力が低い」と言われたことがあり、言われっぱなしは辛いし悔しいという気持ちがあったそうです。

歌で成功して、もっとすごい人間になりたい!と希望を持ちながら歌の活動を続けていると、そのうちAdoさんの歌声に目を付けたレコード会社の人からツイッターのDMが来ます。

そしてAdoさんはそこから「うっせぇわ」のレコーディングにとりかかることとなりました。

「うっせぇわ」について

大ヒットソング「うっせぇわ」には1度聞いた時の衝撃と、何度も聞きたくなる中毒性がありますよね。

そんな「うっせぇわ」にまつわるエピソードから、Adoさんが歌う時に意識しているポイントをまとめました。

カラオケで歌う時の参考にもできるので、ぜひ頭の片隅に入れておくといいと思います。

「うっせぇわ」のエピソード

「うっせぇわ」の依頼が来たときは、全部1人でレコーディングをしたので、ディレクションは一切なかったそうです。

そのため、歌詞に出てくる「酒が空いたグラスあれば直ぐに注ぎなさい」あたりの歌詞は、まだ経験がないので「どうしよう~」と非常に悩んだそうです(笑)。

それでもなるべく歌詞の裏側にある感情や状況、人物だったりを想像して、なるべくその人になりきって歌うことを心がけたそうです。

それを高校生で1人でやるっていうのがすごいですよね。

「うっせぇわ」の歌い方

うっせぇわは、フレーズごとに意識を変えて歌うことが大切です。

1番の歌詞である「ちっちゃな頃から優等生」は幼い声色、「気づいたら大人になっていた」は大人の声色にすることで、歌詞の持つイメージを豊かにしています。

そしてサビの部分の「うっせぇうっせぇうっせぇわ」は裏声にすることで、「あなたが思うより健康です」の地声が引き立ち、より“お前より健康だ!”という主張が強まると思って歌っているとAdoさんは言っていました。

林修の歌詞とAdoの評価

Adoさんが狭いクローゼットから音楽を発信していたという話を聞いた林修さんが、ぜひ作詞をしてみたいと実際に作詞をし、スタジオとAdoさんに披露していました。

その内容がこちらです。

【「しょーがねーな」作詞 Osa】

いつも見てたさ でも諦めてた
僕なんかにどうにかなるわけない
遠くからでも 眩しすぎて
眼を背けるしかなかった

なのに
いま彼女いないんですか? 私 立候補していいですか?

突然春風が吹いた

あの日から
一人でいても思い出す
振り向いた君の笑顔
もうダメだ ニヤついちまって しょーがねーな
眠る前には空気にキス お・や・す・み
いい年こいて しょーがねーな
浮かれちまって しょーがねーな

ちょっとムリしたさ でも頑張ったさ
君のリクエストに応えたくて
夜のホテルのプールの水辺
君が誰より素敵さ

だけど
ちょっとだけ後悔してる 水着の君を人に見せたことを

この痛みはジェラシー?

最高の
夏にしようと君に言われ
夜中に検索しまくった
やっぱりディズニーいきたいのって しょーがねーな
あのイタリアンは、無理だよねって? ま・か・せ・な
見え張っちまって しょーがねーな
財布やばいけど しょーがねーな



気づいていたさ 君の変化は
だんだん増えた既読スルー
あの元気なスタンプはもう今は来ない
君はわかりやすいんだ

だから
君がごめんなさいといったとき 何も驚きはなかった
少し寒い秋の夕暮れ

走り去る
君の背中を見つめながら
なんかこれ前もあったな、と
悲しみ超える既視感
相も変わらず またやっちまった しょーがねーな
心が老いた分だけ今度は キ・ツ・イ・ナ
どうにもならない しょーがねーな
でも どうにかしなきゃ しょーがねーな

あなたを好きでいられなかった自分が嫌い
いったい何度目なんだ? このセリフ

ぽっかり空いたスケジュール
黙って払うキャンセル料

寒い冬になりそうだ

コンビニで 買ったイカ刺食べようと
冷蔵庫探す 生姜ねえなあ
こんなこと言ってるからフラれるんだ
大人の言葉 しょーがねーな
大人の諦め しょーがねーな

春は来るのかな?

この歌詞を見たAdoさんは「春夏秋冬で気持ちの変化を書いているのが素敵」「“お・や・す・み”のユーモアがあって面白い」と絶賛していました。

Adoさんの夢は、さいたまスーパーアリーナでライブをすることだそうです。

「その時姿は見せる予定ですか?」という林修さんの質問に対しては「今はまだ分からない」と答えていました。

ぜひいつか、さいたまスーパーアリーナで大勢のファンに囲まれてライブをするAdoさんを見てみたいですね。

今後のAdoさんの活躍に期待したいです。

「うっせぇわ」のMVを担当した大人気イラストレーターさんについても別記事でまとめていますので、よかったら参考にしてみてくださいね。