エンタメ

【京アニ実名報道】メンタリストDaiGoに共感多数の理由とは?

2019年7月18日に『京都アニメーション』で起きた放火事件。この事件でたくさんの被害者が報告され、“その被害者の実名を公表するかしないか”については様々な議論がされていましたが、結果的に京都府警は実名を公表することを決めました。

しかし、実名を公表したことに対して、メンタリストのDaiGoさんが“ブチギレ動画”を出したことがネット上で拡散され、「共感できる!」と大変な話題となっています!

普段は冷静沈着で理論的なDaiGoさんが感情的になるほどの内容とは何だったのか?多くの人が共感できるポイントはどこにあるのか?について見ていきたいと思います!

メンタリストDaiGoが訴えている内容とは?【まとめ】

DaiGoさんが訴えているのは、実名報道をした“マスコミ”に対してですが、その動画内容は30分近くにも及ぶので、「概要だけ知りたい!」という方向けにまとめました。(※動画のリンクは最後に貼っておきます。)

訴え①実名を公表する事のメリットが感じられない

DaiGoさんがまず訴えていたのは、「そもそもなぜ実名を公表するメリットがあるのか?」という事でした。芸能人の恋愛沙汰やスキャンダルなどは色々な所でお金が動くビジネス面もあるかもしれないが、それは芸能人だからであって、今回の事件は一般人が巻き込まれた事件。一般人の名前を晒す事で誰が得をするのか?という事を訴えていました。

訴え②マスコミは自分たちの利益の為に報道している

続いてDaiGoさんは今回実名を報道することを決めた毎日新聞やNHKなど、マスコミの文章を読み上げます。(※DaiGoさんのコメントは独自にまとめた内容です。)

遺族の皆様に関しては十分配慮し、節度を守ります。』と書かれていた毎日新聞のコメントに対して、DaiGoさんは「ハァ?!」と一喝。「節度という言葉をググって欲しい、実名は公開するのに、どうして取材側の名前は出さないのか、マスコミは結局保守的で、利益のために動いている」と主張しました。

NHKの「十分配慮して取材と放送にあたっています」という部分については「名前を出すということは、その人だけでなくその遺族に対しても取材に行く人が出てくる、子どもにまで影響があるのに、公共放送と名乗っている意味が理解できない」と主張しました。

訴え③自分は今後、実名報道をしたマスコミには出ない

Daigoさんは以上を主張した上で、「実名を報道したNHKには今後二度と出ない」と興奮気味に宣言。「1000万円積まれても出ません」とさらに強い主張をしました。

…というのが今回のDaiGoさんの公開した動画内容なのですが、この動画内容について、「共感した!」というコメントが相次いでいるんです!動画を見て共感したという人は、どのようなポイントに共感したのでしょうか?

DaiGoの動画に共感の声が多いのはなぜ?

そもそも今回、実名を報道することに反対する人はとても多くいました。京都府警が実名を公表する前には、『実名公表反対署名』というものも集まっていました。しかし、その署名が提出される“前日”に、実名は公開されてしまったのです。

そして実名公表に反対している人達を代弁するかのように、DaiGoさんが動画で熱く訴えたというワケなんですね。実際にこの動画を見た人はこのようなコメントを残しています。

しかし、このDaiGoさんの動画、“スーパーチャット”機能がついているんですよね。スーパーチャットというのは、Youtube上で配信者に対して“投げ銭”を入れることができる機能なのですが、「ということはDaiGoも実はお金儲けしているの?」と思った方もいるかもしれません。今回の動画について、DaiGoさんは最後にした”ある言葉”も話題になりました!

スポンサーリンク




DaiGoが動画の最後で喋った内容とは?

動画もそろそろ終わりに近くなり、DaiGoさんの動画にたくさんの投げ銭が集まってきた頃、DaiGoさんは今回の動画について語りました。「このスーパーチャットのお金を貰ってしまうとマスゴミと同じになってしまうので、これは全て寄付します」「スーパーチャットに寄付されてもyoutubeに30%とられちゃうから、京アニさんに寄付してあげて」と続け、さらに動画の概要欄にてコメントも発表しました。

YouTubeさんの取り分を、僕のYouTube動画の広告収益で補填し、みなさんからいただいたスーパーチャットの金額以上になるように増額し、寄付いたしました。
みなさんの気持ちは全額、京都アニメーションさんへ届いていますのでご安心ください。

このコメントにネット上では「カッコイイ」と賛同の声があがりました。収入を得るための動画ではない、DaiGoさんの本気が伝わってきます!共感する人が多い理由はここにもありそうですね。

動画のリンクも貼っておきます。(30分近くありますのでご興味のある方は参考にしてください。)