イベント

ビバラ2021参加に必須のアイテム紹介!今年はコレなしじゃ無理!

音楽フェス好きの皆さん、ゴールデンウィークは暑い日になりそうですね!

なぜなら、ビバラ2021が開催されるからです。

しかし、今年は例年と違って特殊なルールも存在するため、確実に持っておいた方がよいアイテムがあります。

せっかくなら楽しく過ごしたいフェスの日、この記事を読んで準備万全にしておきましょう。

ビバラ2021攻略に欠かせない必須アイテム

2021年はビバラが開催されます!

ビバラ2021については、下記の記事にて別で詳しくご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

持ち物だけでなく、過ごし方や追加ルールの攻略方法についてまとめています。

さて、ビバラ2021では、とにかく「スマホの充電」が命です。

この充電、今回のビバラではアプリのダウンロードが必須で、スマホを使っている時間が多いので、後半になると充電がもたないことが考えられます。

そんな時に再入場しようとしてスマホがつかない!ということになると非常に面倒なことになりかねないので、リスクを事前に回避しておく必要があります。

おすすめの充電器のタイプ

フェスに持って行く充電器は持ち運びを考えると、とにかくコンパクトで急速充電ができる「モバイルバッテリー」タイプが相性が良いでしょう。

おすすめのメーカーは「ANKER(アンカー)」です。

ここのメーカーは充電器と言えばアンカーというくらい有名なところで、ネットの口コミ評価も高いのが特徴です。

コンパクトタイプだと、3000mAh、10000mAh、20000mAhのものがたいてい挙げられます。

3000mAhは1~2回ほど、10000mAhは3~4回ほど、20000mAhは7~8回ほどスマホに充電することができます。

普段のレジャーであれば3000mAhのものを選べば十分ですが、1日中外に出ていて、スマホを見る機会がたくさんあるビバラ2021では、10000mAhくらいのものがバランスが良いでしょう。

逆にそれ以上になると、重さが出てくるので、持っていたりポーチの中に持っている時に重さを感じやすくなります。

適度に重くなく、適度なパフォーマンスを求めるのであれば10000mAhあれば安泰です。

筆者もアンカーの10000mAhのモバイルバッテリーを所有しています。

気をつけたいのは、同じモバイルバッテリーであっても、コンセントに指すタイプは避けることです。

当日会場のどこにコンセントがあるか分かりませんし、あったとしてもそこまで行かなければならなかったり、争奪戦が始まるはずです。

トラブルに巻き込まれないためにも、自分の身は自分で守りましょう。(スマホの命もね。)

アンカー公式サイト:https://www.ankerjapan.com/

充電器が入るおすすめポーチ

充電器を手に入れたら、次に持っておくと便利なのが「ポーチ」です。

首からかければ手に持つことはなく、充電器も入れられるので便利ですね。

でも普段ポーチなんて持たないし、どこで買えばいいかわからない!という方のために、おすすめのショップをご紹介します。

その名も「GU(ジーユー)」です。

GUは価格が安い割にしっかりとした作りなので、1日中遊び回ってもひもが切れたりすることはありません。

筆者もGUの300円くらいのポーチで快適にビバラを過ごした経験があります。

ななめがけのウエストポーチ系は体に密着してくれるので邪魔にならず、オススメです。

そしてGUのポーチは、見た目の大きさとは裏腹に、結構物が入ってくれるのでコスパがとても良いのです。

充電器くらいであれば問題なし、スマホは頻繁に使いそうなので手かポッケでよしという感じがします。

公式通販サイトのリンクを貼っておくので参考にしてみてください。

GU通販サイト:https://www.gu-global.com/jp/ja

まとめ

ビバラ2021に必須のアイテムについてご紹介しました。

言うまでもないですが、あとは水分も大切ですからね!

こまめに水分を補給して、スマホにも充電してあげて、思いっきりフェスを楽しみましょう!