生活

今度の皆既月食は2021年5月26日!どこで見れる?おすすめの撮影時間!

天文ファンにはたまらない時期がやってきました。“皆既月食”がもうすぐ起こります…!

今回の皆既月食は、「一年の中で最も大きいスーパームーン」となるため、ぜひ抑えておきたいですね。

どこで見れるのか、おすすめの撮影時間についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

2021年5月26日の皆既月食(スーパームーン)とは?

皆既月食は、地球の影の位置に月が入ることで月に日照がなくなり、満月が欠けている様子をいいます。

普段の月は光に照らされて綺麗に輝いていますが、タイミングによっては地球の影に入ることがあり、その際は赤黒い神秘的な色の月が見えます。

これが、“皆既月食”です。

そしてこの皆既月食は、2021年5月26日になると、1年を通して地球と月の距離が最も近くなるので、この日の皆既月食は最大のスーパームーンとなります。

スーパームーンフェチや天体ファンの方は見逃さないようにしましょう。

皆既月食(スーパームーン)はどこで見れる?

皆既月食は、日本のどこにいても見ることが可能です!

撮影を試みている方は、なるべく高い建物の少ないところだと綺麗に写真に収められそうですね。

ちなみに、北海道・東北地方・中部地方、この3つの地域の西部と西日本では月出帯食を見ることもできます。

月出帯食は、月が欠けた状態のまま昇ることをいいます。見れる地域が限られているので、こちらの方がレア感はありますね。

皆既月食(スーパームーン)を撮影する時のおすすめの時間は?

今回の皆既月食は、2021年5月26日の20時14分に最大となります。

2021年の中で月と地球が最も近づくタイミングが、5月26日の20時14分です。

また、皆既月食のスケジュールは日本公開天文台協会JAPOS(Japan Public Observatories Society)の公式サイトによると、以下の予想となっています。

部分食の開始 18時44.6分 西日本と北海道は月出前

皆既の開始 20時09.4分

月食の最大 20時18.7分 食分 1.015

皆既の終了 20時28.0分

部分食の終了 21時52.8分

引用:http://www.koukaitenmondai.jp/campaign/lunar-eclipse2021.html

ですので、撮影する時は20時15~19分を狙えるようにしてカメラをスタンバイさせましょう。

準備にも時間が必要ですので、30~15分くらい前から狙えるとよいですね。

この時間を過ぎると、もう月と地球が“最大”に近い距離は見れませんので注意が必要です。

この日だけは任務を遂行する意識で臨みましょう。